喪服を着る時に気をつけるべきこと

喪服を着る時に気をつけるべきこと

葬儀や告別式等で喪服を着用するとき、いくつかルールがあります。
まず、服装には「正装」と「略式」とあります。「正装」とはモーニングや和装のことを指し、「略式」とはスーツ等を指します。葬儀や告別式の場合、遺族の方の方が高い位になるため、参列者は原則「略式」を着用することになります。さて、「略式」の服装は男女によって異なります。
男性の場合は、黒いスーツで、ネクタイは黒無地にします。ワイシャツもできたら白いものにします。女性の場合は、黒いワンピースかスーツを着用します。また、肌をあまり露出してはいけないという考えがあるため、袖は最低でも5分目まであるものを選ぶようにします。ストッキングも黒いものにします。そして大切なのが、男女ともに派手なものは身につけないようにすることです。できるだけ黒無地のものを選ぶよう心掛けましょう。

身につけてはいけないもの

葬儀・告別式の場では身につけてはならないものがいくつかあります。
1つ目は「革」です。革は動物を殺生することで得られるものなので、「死」を連想させます。なので、毛皮のコートなどは着ていかないようにします。ただし、靴に関しては柄や光沢のないシンプルなデザインなら、革靴で良いとされています。
2つ目は「派手なもの」です。宝石や大きな時計、派手なネクタイピン等は外すようにします。また、エナメル質のカバンや靴も目立つので避けるようにします。
3つ目は「重なるもの」です。宝石の中でも真珠は、「涙」をイメージさせるため着用していいアクセサリーとなっています。けれども、何連にもなっている真珠のネックレスは、「繰り返し」を連想させてしまいます。そのため、真珠のネックレスをつける場合は1連のものにします。

喪服を避けた方がいい時

故人が亡くなった直後、仮通夜の時は地味な平服を着ていきます。というのも、仮通夜は故人の不幸の知らせを聞いてすぐに駆け付けることを指します。もしこの時に喪服を着ていってしまったら、先に不幸を予見していたのではないかと思われてしまいます。一方、通夜も葬儀の前に親しい人が取り急ぎ駆けつけるという意味合いがあります。ただし、この場合はある程度準備してから伺うため、本当に急でない限りはある程度しっかりとした服装で行きます。男性の場合は濃紺・ダークグレーなどといった暗い色のスーツを選びます。女性の場合も紺・グレーなどの暗い色の服装にし、ストッキングは黒か肌色にします。仮通夜・通夜の時は葬儀ほど真黒な服装、というわけではありません。
また、服装は一回忌・三回忌と年を重ねるごとに喪の表現を弱くしていきます。三回忌が終わるまでは略式を着るようにし、徐々に地味な平服に移行していきます。