なぜ黒い。喪服を着る意味について。

なぜ黒い。喪服を着る意味について。

棺に入っている姿を見ると白装束を着ています。そのことから葬式で用意しておくハンカチは白が正式とされています。それでは、なぜ喪服の色は黒なのでしょうか。
実は黒を着るようになったのは最近のこと。昔は白が主流でした。日本書紀などにも白の喪服を着ていたことが記録されていますし、時代劇の切腹シーンなどでも白装束です。途中、平安時代には養老喪葬令にて天皇は直系二親等以上の喪の際に黒を着用することが定められ、平安後期に黒が一般的になったのですが、室町時代よりまた白に戻ります。明治の頃、欧米諸国の影響で黒が復活しますが皇室中心です。第二次世界大戦で戦死者を送るために葬儀が増えてきて、需要が増えたことから汚れが目立たず手入れしやすい黒が広まっていったのです。

黒いスーツじゃ駄目ですか

普段からスーツで仕事をしているという方なら、わざわざ準備しなくても黒いスーツで代用できるように思えます。ただ、やはり全然違うのです。屋内なら問題ありませんが、出棺で外に出て太陽の光を浴びると違いはすぐにばれてしまいます。黒のスーツだと少しグレーがかっているのです。デザインも、流行を追うビジネススーツと違い、長年使用することを考えてゆったりとしたシルエットのものが多いです。見る人が見れば、屋内であってもバレバレというわけです。
学生時代は学生服でいいですが、社会に出たからには、仕事用スーツを買うのはもちろんのこと、突然訪れるお葬式のために、早めに衣装は用意しておいた方がいいでしょう。おしゃれさよりも、長く着続けることができるかどうかを重視して選んでください。

こんな場面で着る服です

戦前までは喪に服する遺族のみが喪服を着用していました。しかしながら、現在は参列者皆が着用するものとされています。葬儀と告別式のみで通夜には略式の服をとされていた習慣も、今では通夜の方に参列する方が多くなり、通夜・葬儀とも同じ服でというのが一般的になってきました。1着持っておいて、四十九日まで目立つ汚れを落としながら着るようにし、その後クリーニングに出して、次にいつくるか分からないお葬式に向けて早めにクリーニング店から回収して自宅に置いておく、という流れにしておきましょう。もちろん白いワイシャツや黒無地のネクタイ・黒いベルトや靴下やカバンといった小物類も一緒に置いておくといざというときに慌てなくて済みます。
和装だと黒無地で染め抜き5つ紋付きの着物などが一般的ですが、いまどきは洋装がほとんどです。