マナーを守った喪服を選ぶことが重要

マナーを守った喪服を選ぶことが重要

冠婚葬祭には常にマナーがつきまとうことになり、若い人の中には始めてのこともあって知らずにマナー違反と思われてしまうこともあるものです。言葉使いや身のこなし方もそうなのですが、何もせずにその場にいるだけであっても服装がマナー違反となって軽蔑されてしまうこともあります。
高校生までであれば、葬儀に行く際には制服を着用することが大半であり、高校卒業後にはどんな服装で行ったらいいのか迷ってしまいがちですが、必ず両親や祖父母に相談して喪服選びを進める必要があり、地域性も考慮して選ぶことも重要です。一般的には良しとされているマナーであっても、地方によってはマナー違反となることもあります。地元以外であれば、その地域の人に事前に相談しておけば間違いがありません。

女性の場合の服装選び

女性の喪服としては、ワンピースにジャケットを合わせるというスタイルになってきます。ワンピースは、夏用であっても肘が隠れる長さの七分袖が主流であり、足元も膝が隠れるようなスカート丈の物を選びます。
光るものはタブーとされているので、ボタンであってもプラスチックとなれば光ってしまうこともあり、ボタンを布で包んであるくるみボタンが向いています。喪服売場で購入すれば、マナーを守ったデザインで仕上げられているので安心です。
また、小物類にも注意が必要になり、一般的には結婚指輪とパールのアクセサリーであれば可能と言われています。白もしくは黒のパールを利用しますが、パールであっても地域によってはタブーとされていることもあるので、地元ではない場所での葬儀であればつけなければ間違いがありません。

男性の場合の服装選び

男性の場合には、葬儀はスーツスタイルで行けば問題がないと思われがちですが、スーツにも種類があるので普段着ているものでは不十分となります。
黒のスーツであっても黒にはさまざまな色味があり、葬儀用としては漆黒の黒い色の素材で作られたスーツにする必要があります。普段、仕事にも着て行っている黒のスーツでは黒の色味が薄く、葬儀の場で他の人と並べば白っぽい黒に見えてしまいます。必ず、葬儀用としての黒のスーツを用意しておく必要があり、不幸事が起きる前から準備をしておきます。
黒のスーツに合わせるシャツは白の無地を用意し、柄物は避けるようにします。ネクタイも黒にし、靴も黒を履いていきます。また、光るものは避けるべきでもあるので、ベルトのバックルや時計には注意をします。