黒いフォーマルと喪服には違いがありますか

黒いフォーマルと喪服には違いがありますか

冠婚葬祭などの改まった席に着る服を礼服といい、そのなかでも黒のものがフォーマルスーツやフォーマルワンピースとして売り出されています。礼服の中には喪服もあり、着物の場合は明確に黒の着物として確立されていますが、洋装の場合は黒のフォーマルスーツと同一視されていることがほとんどです。
しかし、細かく見て行くとこの二つには違いが存在するようです。もし、違うのであれば、葬儀に黒のフォーマルを着用して失礼に当たってしまうことはおこらないのでしょうか。どちらも黒の洋服と言った点で同じもののように見えますが、厳密に違いがあるのなら、知ることによって着て行く場所を考えることができます。また、冠婚葬祭用に黒のフォーマルを購入する際に気を付けることもできるでしょう。二つの違いとはなんでしょうか。

黒のフォーマルには慶事用と弔事用がある

喪服は遺族が喪に服していることを表すために着る物のことを指しますが、黒いフォーマルは、基本的に葬儀などの弔事だけでなく、入学式や卒業式などの慶事用の礼服としても使用されることがあります。男性の場合は、ネクタイの色が白なら結婚式などの慶事に、黒にすると葬式などに着用することができます。
女性もアクセサリーなどを変えることで、慶事、弔事両方とも着ることが出来るデザインがあります。ただし、サテンなどの光る素材や刺しゅう入りなど慶事用としてデザインされているものもあるので注意が必要です。
弔事用としては、光沢のない黒無地であることがマナーです。スカートはひざ丈で、なるべく肌の露出を控えることが大切なので、同じ黒の服でも、華やかな感じの物や短いスカートのものは葬儀の場にはふさわしくありません。

喪服として利用できるフォーマルとは

黒いフォーマルの中でも弔事用に着ることができるのは、どのようなものでしょうか。まず、黒の色に気を付けることが必要です。フォーマルスーツには、浅い黒色から深い黒色までさまざまな黒の濃淡がありますが、しっかりした深い黒色を選ぶようにするとよいでしょう。
女性の場合は、ワンピースやアンサンブルで、襟元の詰まった、ひざ丈のスカートで慎み深いデザインの物がお勧めです。やはり深い黒色のもので、光らない素材の物にしましょう。アクセサリーが付いていれば外してください。
弔事の習慣は地域や家のしきたりによって変わってくるものですが、一般的には葬儀には黒のフォーマルを着て行くことが求められています。故人や遺族に対する弔意を表すための礼儀でもあるので、ふさわしい服装をするようにしましょう。