豪華なお弁当でひな祭りをお祝いしよう!


  HOME > ひな祭りのお弁当情報 > ひな祭りのお弁当は春を感じさせる色彩と食材をベースに

ひな祭りのお弁当は春を感じさせる色彩と食材をベースに

 桜のつぼみも膨らみ始める3月のはじめには、日本には女の子たちの節句であるひな祭りを祝う伝統行事があります。女の子が生まれたらひな祭りはとても楽しい行事であり、女の子が健やかで幸福な人生を夢るように、願いを込めて行うのがひな祭りです。中国では人形を川に流すことで、厄払いをするという習慣があり、その風習が日本のひな祭りの起源になっています。ひな祭りには夕食やお弁当にも、ひな祭りの色を入れるのが楽しい食事になるので、カラフルなひな祭り色を食事に取り入れることです。春といえば桜色であり、桃の節句といわれるひな祭りですから、桜色をお弁当には使います。新緑も芽吹き始める春なので、緑はエンドウ豆や菜の花など、グリーンを色彩にお弁当に入れることです。菜の花などの黄色も入れば、春の桃の節句のお弁当としてかなりの出来栄えになります。

 今ではスーパーに行けば、季節は関係なく好きな食材が手に入るので、旬を迎える食材での季節感は昔よりは薄くなっています。しかしせっかくのひな祭りですから、イベントにちなんだ食材を使うのがベストですし、お弁当にもその要素を入れることです。お弁当には桜色のでんぶを使ったり、ちらし寿司にするのも良いですし、家族でゆっくりと食事のできる夕食であれば、ハマグリの吸い物も用意をします。ハマグリの大きな貝殻は見た目にも豪華ですが、ほかにもいろいろある貝と合うことがありません。それは人の人生にたとえてみると、未来に最高の伴侶に恵まれるという縁起の良い意味を持っているのもハマグリです。目利きとしてハマグリふたつの貝を、たたき合わた時に、澄んだ良い音のする買いを使うようにします。

 祝い事にはお酒がつきものであり、ひな祭りには白酒が定番ですから、お弁当には持参できなくても、家庭で飲むために用意をするとみんなが喜びます。甘酒と白酒は一見すると同じように感じますが、ひな祭りで用意をするのは白酒であり、白酒は普通の家庭でつくれる飲み物ではありません。子供のころから甘さと独特の香りに魅せられた人が多い甘酒は、甘くて子供でも飲みやすいですが、お酒といってもアルコールは不使用です。家庭でも普通に造れるのが甘酒であり、米麹を白米に混ぜてお湯を入れて、そのまま1日ほど保温して発酵させて完成します。桃の節句で用意をするのは白酒であり、甘さがありアルコールもしっかりと入っているので、未成年は飲むことはできません。特有の良い香りがするのも白酒であり、白い魅惑的なお酒は酒造屋さんでのみ製造可能です。

ページトップへ